教育方針

本園の教育方針

カトリック精神に基づいた「愛の精神」を幼児の人格形成の基本におき、学校教育法及びモンテッソーリ教育法を積極的に取り入れ、優れた人間教育を目的とし、将来にわたって、主体的に生きる人となる基礎を養います。

 

教育の特色

1. 宗教教育

お祈りを大切にし、周りの人から愛される体験を通して、神様への、自分への、まわりの人への愛する心を育てます。

2. 縦割り教育

異年齢によるクラス編成を通して、助け合い、協力し合い、わかちあいの心

幼児期の環境からあらゆるものを吸収し、自身のものとして成長します。
この幼児期の成長を大切にし、自然の社会性を営むことができる様、3歳・4歳・5歳児の縦割りクラスと、満3歳児クラスで編成されています。
音楽・絵画・体操・英語は同一年齢横割りクラスで行っています。

3. モンテッソーリ教育

自ら選んだ個人作業を(生活の練習、五感の洗練・発達、数、言語、文化)を通して、個人における心身の調和的発達、生活の練習・感覚・数・言語・文化のモンテッソーリ教具にふれながら心身の調和的発達を援助しています。

4. 体育・英語・絵画・音楽教育

同一年齢による、一斉活動を通して、課題への主体的取り組みを、温かい愛情をもって、育んでいます。

↑PageTop